マレーシアの地域情報ブログ。移住して実際に住んでみたからこそ分かった情報を発信中。

KLでやんす|マレーシアのクアラルンプールの情報を発信するブログ

ビザ

マジ!?幻冬舎・箕輪厚介さん2020年にマレーシア移住?その理由とは…

投稿日:

最近は、毎朝の日課になっているツイッターの情報収集していると、驚きのニュースが。
それは…、

「幻冬舎の箕輪厚介氏、来春マレーシア移住!?」

という衝撃的なニュース。

箕輪厚介さんもマレーシア移住を検討?

これは、あのガクトさん、与沢翼さんに次いで、遂に箕輪厚介さんもクアラルンプールに移住するの!?

日本の消費税が10%になったことについて、アメバテレビのAbemaTIMESでコメントしたことがSNSで拡散しているみたい。

今回のAbemaTIMESでは、2ちゃんねるの創設者西村博之さん(ひろゆき)が、ヨーロッパ在住の立場から海外移住のメリットを語っていました。

それに賛同するように、箕輪厚介さんがマレーシアの移住も視野にいれていると発言。

マレーシアのシンボル、ツインタワー
マレーシアのシンボル、ツインタワー

出版業界の異端児・天才編集者として話題の箕輪厚介さんもマレーシア移住を検討していたなんて。

「マレーシア移住が人気になるほど、ビザ発給のハードルが上がるのでは…。」

大好きなマレーシアが有名になるのは嬉しいのですが、日本人がマレーシアに住むためにはビザの問題が。

もちろん、観光ビザで最大3ヶ月暮らすことが出来ますし、3ヶ月以内に一度国外に出て再入国すれば、また3ヶ月マレーシアに滞在可能。

そうやって、観光ビザの期限を延ばしていると、徐々に再入国の際に厳しく見られるので繰り返すとちょっと怖いのが現状。

ただし、観光ビザでのマレーシア滞在は1年間180日まで。

観光ビザでの滞在は1年間で合計180日まで

そして、空港のイミグレーションで引っかかり、入国審査で入国拒否されたという人も周り実際にいるのでこれはマジで注意が必要。

入国審査で入国拒否された人から話を聞いたところ…、

その場で日本行きのチケットを購入させられ、マレーシアに入国することなく日本へ強制帰国することになるみたい。

「マレーシアの家に荷物を取り行くことも出来ないし。悲惨だった。」

そう悲しそうに語っていました。

もちろん、本当に観光でマレーシアに滞在するなら観光ビザでOK!

でも、マレーシアに暮らすなら就労ビザ、もしくはMM2Hのビザは必要ですよね。

マレーシアには幻冬舎の子会社があると聞いたことがないので、箕輪厚介さんが移住するのなら、MM2Hのビザかなと個人的に予想してみたりして。

(完全に個人的な予想なので根拠はありません。)

ちなみに、与沢翼さんのビザはMM2Hみたいですね。

MM2Hビザは一度取得してしまえば、次の更新は10年後なのでかなり長期間マレーシアに滞在可能。

ちなみに、2018年にはマレーシアの新政党の影響でMM2Hビザ発給停止と凍結の騒ぎに。

ウワサでは「今後、MM2Hビザ発給の条件が厳しくなるのでは。」と言われています。

箕輪厚介さんがMM2Hビザの手続きをすでにしているのか気になるところ。

今後も箕輪厚介さんの発言から目が話せないですね!

[追記]詳しい情報が知りたい方は、下記の AbemaTIMES の公式サイトの情報をご覧ください。

幻冬舎・箕輪厚介氏も来春マレーシア移住か…“日本はオワコン”論で若者が海外流出?

-ビザ

Copyright© KLでやんす|マレーシアのクアラルンプールの情報を発信するブログ , 2019 AllRights Reserved.