マレーシアの地域情報ブログ。移住して実際に住んでみたからこそ分かった情報を発信中。

KLでやんす|マレーシアのクアラルンプールの情報を発信するブログ

ニュース

【軽犯罪・詐欺に注意】マレーシアの治安は良い?悪い?クアラルンプールの場合…

投稿日:

私は移住前、マレーシアの治安が正直かなり心配でした。

お隣のシンガポールの治安は良いという話は聞いていたのですが、「基本的に、東南アジアの治安は悪いよ。」と友人から聞いていたので…。

日本でもテレビのニュースでは日々犯罪や悲しい事件が起きているとはいえ、世界的に見たらだいぶ治安が良い国で有名。

そんな日本からマレーシアに移住して犯罪に巻き込まれたり、取り返しのつかない失敗をしてこの国が嫌いになりたくない。

もちろん、実際に住んでみてマレーシアのクアラルンプールの治安はかなり良いなと感じる印象です。

ブランド物を持って街を歩いている人も頻繁に見かけますし、目の前でひったくりや強盗を目撃したこともありません。

ただ、マレーシア人の友達からはよく注意されます。

友達「ここはマレーシアだから油断したらダメだよ!」

マレーシアのクアラルンプール市内は、人通りも多く富裕層だろなと思う人もよく見かけます。

そういう人たちはセカンドバックかるく持っていたり、カフェではテーブルの上にルイヴィトンの財布やバッグを無防備に置いている人もいたりします。

なので私は「マレーシアは平和な国だな。」と思っていました。

でも、マレーシア人の友人から聞いた話だと「偽物のブランド品だから無防備に置いているだけ」と教えてもらいました。

実際に住んでいるとクアラルンプールでも物騒な話も聞いたりします。

もちろん治安を気にしていたら日本からいつまでたっても外に出れないですよね。

海外生活を思いっきり満喫するために、治安情報も頭に入れて最低限の警戒心は常に持っておきましょう。

とくに日本に比べてマレーシアは、軽犯罪が多いので日頃から注意したほうが良いとローカルの友達によく注意されます。

では、実際にどのような軽犯罪があるのか私が聞いた話をご紹介します。

2人乗りのバイクにカバンを狙われた事件

クアラルンプールでもバイクはよく見かける

道路の近くを歩いていたら、後ろから来た2人乗りのバイクが近づいてきた。

怖いので見ないようにしていたら、バイクの後ろの方に乗っていた男と思われる人の手がリュックをガッシリ掴んできた。

次の瞬間、リュックごと体を50メートルほど路上を引きずられ、結果的にリュックを盗まれてしまう。

命の危険すらあるので、バイクが近づいてきたなと思ったら念の為、注意しましょう。

日本人油断させてお金を取る詐欺手口

安全そうな場所でも念の為、注意

人懐っこい「日本大好き」アピールする外国人。

色んな理由をつけて、日本人からお金を奪おうという人がいるそうです。

・日本のお金を見てみたい。→見せた瞬間、財布ごと奪われる。

・バス代が無いから貸して欲しい。→お金貸して返ってこない。

・スマホ・腕時計を預けるからお金貸して欲しい。→担保にならない偽物だった。

など、いろんな手口を聞きます。

どんな手口だろうと、海外でお金を貸すっていろいろな面で難しいですよね。

警察に職務質問をされる(本物?偽物?)

アロー通り、チャンカット周辺で夜は警察を見かける

これはSNSで話題になっていたのですが、警察にパスポートとスマホを確認するといって取り上げられ、なぜかお金を要求される事件。

パスポートも本物だし、悪いこと何もしてなかったのに、結局怖くなってお金を払ったそうです。

この事件以外にも、警察らしき人からお金を要求される事件はちょくちょく耳にします。

なんでも、お祝いの時期には色々とお金が必要なので、その前後は警察をよく見かけるという話も…。

日本の警察では考えられないので、最初は疑っていたのですが、警察が個人的な賄賂を要求してくる話は、1人、2人レベルではなく、結構聞くので恐ろしいですね。

警察相手に揉めることも、払わなくて良いお金を取られるのも嫌ですよね。

なので、私は夜道を歩いているときは「怖そうな人」と「警察」を見かけたら、別のルートを通るようにしています。

※マレーシア人の友だちによると、警察も本物か偽物かの区別がつかないから怖いと言っていました。

警戒心を持っているだけでも、回避できることが沢山あると思います。

優しくて親切な人が多いマレーシアですが、こういう事件も頭にいれつつ、油断はしないように私も気をつけて行きたいと思います。

-ニュース

Copyright© KLでやんす|マレーシアのクアラルンプールの情報を発信するブログ , 2019 AllRights Reserved.